フィラリア予防薬 価格

フィラリア予防薬の価格はどれくらい?

 

犬を飼っている人は、その子達がフィラリア症にならないよう、注意した方が良いみたいです。

 

そもそも、フィラリアとは、犬糸状虫の別名を持つ寄生虫です。

 

日本での知名度はあまり高くない割に、肺や心臓などに障害を引き起こすことで、死に至らしめる危険性もあるため、獣医師側からは注意を喚起されているそうです。

 

では、そのフィラリア症には、どう気を付ければ良いのかと言うと…最近では、個人でも買うことのできる、フィラリア予防薬というのがあるみたいです。

 

しかも、予防薬と言われると、注射みたいな大げさなものを想像してしまいがちですが、実際はおやつタイプ、錠剤タイプ、背中に垂らすスポットオンタイプと、様々な種類のものがありました。

 

となると、価格の方も結構バラつきがありそうですね。

 

調べたところ、おやつタイプの予防薬だと6か月分で3000円から4000円ほど、錠剤タイプだと同じ量で7000円から8000円ほど、スポットオンタイプだと3か月分で2000円から5000円ほどといった感じでした。

 

本当にバラバラですね。犬の大きさにもよりますが、やはり一番お手頃なのは、おやつタイプでしょうか?

 

しかし、犬によっては匂いで敏感に察して、食べない場合も一定数あると聞きます。となると、スポットオンタイプの方がトータル的に考えると無難だと思います。

 

 

わんこの病気で咳が出る場合

 

わんこの病気で咳が出る場合には、咳の種類によっていくつかの病気を疑うことができます。

 

咳の種類には、乾いた咳や湿った咳、夜中に集中して出る咳があります。

 

乾いた咳が出る場合には、フィラリア症や心不全、僧帽弁閉鎖不全症、胸水などといった、わんこの病気が疑われます。

 

湿った咳の場合には、ケンネルコフ、気管支炎、肺炎、心臓弁膜症などが疑われます。

 

夜中に集中して咳が出る場合には、気管虚脱や肺水腫などが疑われます。

 

犬が普段とは違う異常な咳をする場合には、重大な病気が疑われる可能性もあるため、すぐに獣医に受診することが大切となります。

 

 

わんこの病気を便で判断する

 

わんこの病気は、便から判断することもできます。

 

便の形や色、硬さなどから判断することができるため、犬の便は普段からよく観察しておくということが大切となります。

 

犬の便の異常はちょっとした環境の変化でも起こりやすいため、さほど神経質になる必要はありませんが、普段とは違う便が長く続くようであれば注意が必要です。

 

とくに下痢を繰り返す場合には、なんらかのウイルス感染が疑われます。

 

ウイルスは免疫力や体力が低下している時に感染しやすく、感染経路としては、他の感染している犬の便からという場合が多くなっています。

 

ウイルス性のわんこの病気は人間にも感染する恐れがあるため、早い段階で対処することが大切となります。

 

フィラリア予防をしないと犬はどうなる?

 

寄生虫って恐ろしいですよね。
知らない間に感染して、そして体内の中で成長したり卵を産んだりしているわけですから。
もしかしたら自分の体もすでに感染されているかも…。
そして感染するのは人間だけではありません。
犬にはフィラリアという寄生虫が感染する場合があります。
でもフィラリア予防の薬を月に一回のペースで与えていれば、感染する心配はなくなります。
だからこそ犬を飼っている家庭は、6月から11月頃までフィラリア予防を行うことが大事なんです。
フィラリアに感染すると、犬の体内で20センチ前後まで大きくなるらしいですよ。
でもフィラリア予防してあれば成虫になる前にやっつけられますから安心です。