犬の病気 腫瘍

犬の病気と腫瘍

 

 

joi

 

犬の病気で腫瘍ができるものは多く、体の表面にできるものもあれば内部にできるものもあります。

 

また良性のものから悪性のものまでさまざまです。

 

目に見える部分に腫瘍を発見したら1㎝くらいまでの間に処置すれば完治する可能性が高いので、すぐに動物病院で治療をしてもらいましょう。

 

悪性の場合には命に関わってくるので、できるだけ早期発見をすることが大切です。

 

犬の病気を早期発見するためには、健康診断のほかに、飼い主さんは、常に愛犬を体をチェックする習慣をつけておくとよいでしょう。

 

犬の病気も年齢とともに罹りやすくなるので、特に年を取った犬については注意しなくてはなりません。

 

 

 

わんこ

 

 

フィラリア予防薬カルドメックHOMEに戻る