犬の病気 膵炎

犬の病気の膵炎

 

 

joi

 

犬の病気の膵炎は、膵臓が分泌する膵液に膵臓が消化されるために起こる病気です。

 

中年以降の特に雌犬での発症率が高い病気です。

 

原因は腫瘍や異物などで膵管が閉塞したり、事故で膵臓が傷ついたことなどが考えられます。

 

また病気の治療のための投薬や脂肪分の多い食事が原因になることもあります。

 

犬の病気の膵炎には急性と慢性があります。

 

急性膵炎の症状は、発熱、食欲低下、腹痛、浅速呼吸、嘔吐、下痢、脱水などの症状が表われます。

 

慢性の場合には、これらの軽い症状が断続的に起こります。

 

予防には、脂肪分の高い食事を避け、肥満防止のために適度な運動をすることが大切です。

 

膵炎になりやすい犬種は、ミニチュアプードル、ミニチュアシュナウザー、コッカースパニエル、ウェスティなどです。

 

 

 

わんこ

 

 

フィラリア予防薬カルドメックHOMEに戻る