フィラリア予防薬 効く期間

フィラリア予防薬の効く期間って?

 

フィラリア症の予防接種は、動物病院のよくあるお仕事の1つみたいです。なぜなら、フィラリア症の原因であるフィラリアという寄生虫には、シーズンというものが無い関係上、1年中定期的に予防薬を注入するのが理想だからです。

 

ちなみに、動物病院で1回処置してもらうと、半年から1年は大丈夫みたいですが、代わりに経済的負担はかなり大きいみたいです。なんでも、注射や飲み薬だと9000円以上、スポットオンタイプなんて15000円以上するのだとか。ちなみに、半年分だともう少し安くなりますが、それも精々1000円くらいとのことでした。

 

半年か1年に1回で良いとは言え、連れて行く手間も考えると、ちょっと飼い主さんには負担ですね。しかし、最近ではフィラリア予防薬を、通販でも簡単に購入できるみたいです。しかも、病院でしてもらうような、錠剤タイプや注射タイプに加え、おやつタイプというのも色々売っているらしく、素人でも簡単に接種させることができるのだとか。

 

ただし、通販で買えるものだと、効く期間は1か月であることが多いそうです。月1回接種させなければいけないのはちょっと大変ですが、個人的には動物病院に連れて行くよりも手間は軽いので良いと思います。