犬の病気で見られる皮膚症状

犬の病気 皮膚症状

 

joi

 

犬の病気で皮膚症状が見られる場合には、皮膚そのものに原因がある場合と、体全体に原因がある場合が考えられます。

 

犬の病気で皮膚にかゆみを伴う症状がある場合には、アレルギー疾患、カイセン症、毛包虫症、ダニやノミの寄生などが原因になっていることが多いです。

 

寄生虫が原因の場合には、抜け毛が多くなったり、皮膚が赤みを帯びたりしてきます。

 

シャンプーやリンスが体質に合わないために、皮膚が炎症を起こす場合もあります。

 

体の内部に原因がある場合には肝機能に障害の場合もあれば、遺伝的体質の場合もあります。

 

肝機能障害の場合には、貧血によって肌の色が白くなってくるので、症状が進行しないうちに動物病院に連れて行くとよいでしょう。

 

>>アトペックス(Atopex)の詳細     >>ペット用医薬品ランキング

 

動物医薬品のアトピー性皮膚炎症状に

 

ATOPEX(アトペックス)は、動物医薬品のアトピー性皮膚炎症状を緩和するノバルティス社「アトピカ(Atopica)」と同主成分となるシクロスポリン配合の免疫抑制剤です。

 

>>アトペックス(Atopex)の購入はこちら

 

 

 

ATOPEX(アトペックス)は、動物医薬品のアトピー性皮膚炎症状を緩和します。

 

わんこ

 

 

フィラリア予防薬カルドメックHOMEに戻る